FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年冬 新殿堂発表

久々にパソコンからの更新な気がする。
まあ、それはいいとして。

新殿堂がいよいよ発表されたね!

まあ、ここに見に来ている人のほとんどはすでに知っているだろうけど、
前に個人的に予想していた殿堂と一緒に発表します。


情報元はニシハラさん。
ありがとうございます。



 ・新規プレミアム殿堂
《アクアン》
《サイバー・ブレイン》

 ・新規殿堂
《光牙忍ハヤブサマル》
《龍神ヘヴィ》
《魔光蟲ヴィルジニア卿》
《威牙の幻ハンゾウ》
《邪神M・ロマノフ》
《ラッキー・ダーツ》
《転生プログラム》
《ハイドロ・ハリケーン》



※この殿堂は2011年1月15日から施行されます。



まあ、感想を言うと大まかには予想通りというところかな。
ニンジャ、《転プロ》系が意外か。


《アクアン》、《ヴィルジニア》、《M・ロマ》、《ダーツ》、《ハイドロ》は
前回の記事を見てもらうとして、他のカードを。


《サイバー・ブレイン》は遂に、といったところ。
なぜこのタイミングでとは思ったが、
たしかにこのカードも長らく再録が無かったので
良い頃合いなのだろうと思う。
ところで「6マナ、3ドロー、ST有り」の下位互換ならどうかな。
悪くは無いのではと思うんだけどなあ。

《ハヤブサマル》、《ハンゾウ》は個人的には意外。
ニンジャは良いシステムなのでそこを拡張して欲しかったし、
今の環境でもほどよく活躍できる良カードなので惜しい。
強いことは強いが面白いカードなので調整版に期待。

《ヘヴィ》は正直、何故今のタイミングなのがわからない。
たしかに強いことは強いが今のタイミングである必要性は?
まあ、今後のことを考えてだとも思うし、
【B・ロマ】の存在を考えれば納得はいく。
まあ、不思議じゃないよね。

《転生プログラム》は意外。
今後伸びていく恐れがあってだろう。
今の段階で脅威となりうることはまずありえない。
「連鎖」と組み合わせればデッキにはなるが、
メタゲーム上に乗るほどではないので、
新しい能力を生かす意味でも残しておいて欲しかったのだが。
まあ、考えがあってのことだろう。


この殿堂入りでの環境の変化予測。
やはり、超次元を活用したゲームになると思う。
超次元を活用するそのほとんどが呪文なので、
呪文コントロール系のデッキがメタをはるだろう。
速攻もまだまだ健在ではあるが、《M・ロマ》が消えたためやや厳しい。
超次元の登場で素早く高レベルクリーチャーが確実に召喚できるため、
これも厳しい原因の一つだろう。
また、そのせいでデッキの動きがワンパターンになりつつある。
だからこそ超次元でないクリーチャーに期待したいところ。


ほぼ同時に新弾の情報も出てたので、
近いうちに新弾レビューもしたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エーンエーン( p_q)
プロフィール

fmyoshi

Author:fmyoshi
宮崎出身のDMプレイヤー。
中途半端なデッキを好んでいて
ハンデスやランデス系の、相手が
嫌がるカードをよく入れる。
ムルムルは俺の嫁。

最新記事
カテゴリ
デッキ別リンク

「Kawaruyo!!MIRACLE」(転生超次元) HO!_GAN!_MANIAC(ローズホーガン) あなたをこえたくて(ジョバンニスコール) さよならはとつぜんに(ジョバンニソード) ヤンデレカウンター(白黒青レイソレイユ) ろりこん!(ロードリエスコントロール) そら豆ビート(神王ビート) セメタリーからこんにちは(青黒緑バルクライ) 八日目の蝉(神化編水単) くろたん(黒単色コントロール) イダ牙斧マルコ(牙マルコ) まぐまん5(5マナマグマムーン) マグマところてん(マグマソーサラー) ベターマッチェス(ベター型MCロマノフ) 

最新コメント
月別アーカイブ
ページ内検索
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。