FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《DNAスパーク》が入る理由

E1環境でトーナメント上位に入るデッキによく入っている《DNA・スパーク》。

《スーパー・スパーク》と《予言者リク》を合わせたような能力を持ちますが、
ここ最近のデッキには高確率で入っているような気がします。

速攻やビートダウンデッキに対して有利に働くのは承知の通りですが、
元となるカードはそこまで多くのデッキに入れられるものではありませんでした。
では、なぜ《DNA・スパーク》はここまで多くのデッキに入れられるのでしょうか。

現状を踏まえ再確認したいと思います。(長めの記事です)



■時と場合

そもそも、この3枚はトリガーで来ることによって最大限の効果を発揮します。
このシールド・トリガーという能力が鍵になります。

《アクア・スーパー・エメラル》などの効果を使わなければシールドの中身は未知数です。
もちろん、そのシールドをブレイクするタイミングも基本的に相手次第なので、
いつどのカードがトリガーするか分かりません。

よって、シールドトリガーを持つカードは主に、
「トリガーで来なくても良い」または「いつトリガーしても良い」
いずれかの性質を持つカードが採用される傾向にあります。

「トリガーで来なくても良い」の代表格は《フェアリー・ライフ》です。
基本的にはコストを支払って唱える事が前提で、トリガーすればラッキー程度の物になります。
比較的コストが低いカードに多い傾向です。

「いつトリガーしても良い」の代表は《デーモン・ハンド》です。
《アクア・サーファー》などにも言えることですが、
シールドをブレイクされるという事は、相手の場にクリーチャーが居るということ。
基本的にトリガーして不発に終わる状況は少ないと言えます。
このようにいつトリガーしても対応できる柔軟性を持つ必要があります。
こちらは対照的にコストが高いカードに多く、防御に使われるカードが大半を占めます。

今回の3枚はもちろん防御に使うので、「いつトリガーしても良い」という柔軟性が求められます。
しかし、《スーパー・スパーク》と《予言者リク》の場合はトリガーするタイミングが重要です。
トリガー時に、相手クリーチャーのほとんどがタップしていたり、シールドが3枚以上であれば意味はないのです。
特に《スーパー・スパーク》はトリガーせずにドローした時に防御として使えない弱点がありました。

実際、使われていたデッキを思い返しても《スーパー・スパーク》は防御のためというより
タップキルをメインに行うために入れられていた事が多いような気がします。
《予言者リク》も【白青黒起源神】のデッキに入れられていましたが、
自らシールドを削る効果やリアニメイトとの相性が良かったためで、
単なる防御用のカードとしては若干の役不足が否めませんでした。

では、なぜ《DNA・スパーク》は今使われるのでしょうか。
それには現在の環境が大きく影響します。


■トリガーとして使うという事

防御用トリガーの弱点として「トリガーしなければ弱い」という弱点があります。
相手のクリーチャーを破壊するだけなら《スーパー・チェイン・スラッシュ》がありますし、
クリーチャーを手札に戻すだけなら《封魔バルゾー》があります。

それでも《デーモン・ハンド》や《アクア・サーファー》が多く使われるのはトリガーが含まれるからです。
防御用には「可能な限りマナや時間を費やさない事」が求められるため、トリガーする事が重要になります。
ことさら、スパーク系のカードは自分のターンに使っても防御用としては役立たないため、
確実にシールドに入っていてトリガーする事が要求されます。

今までのカードでは実践レベルでシールドにカードを埋め込むカードは限られたため
スパーク系のカードが使われる機会はあまり多くありませんでした。

しかし、E1環境で新しく《超次元ホワイトグリーン・ホール》が登場しました。
《超次元ブルーホワイト・ホール》も同様の効果を持ちますが、
実用的なシールドを追加するカードが登場したのです。

これにより実践レベルで確実に《DNA・スパーク》を仕込む事ができるようになりました。


■主流デッキ

また、主流のデッキも追い風になっています。
【Nエクス】【キリコ】【黒緑速攻】【トリーヴァビート】などの
クリーチャーで押し通すデッキが主流になっている現環境では有利に働きます。

特に【黒緑速攻】や【トリーヴァビート】などの1枚のシールドを争うデッキには
低コストでシールドに仕込む事ができる現在、絶大な効果を発揮します。

唯一効果が薄いコントロールデッキも《ヴォルグ・サンダー》や
《サイバー・N・ワールド》のおかげで現環境ではあまり姿を見せませんし、
【ヴォルグ・ザビミラ・ライブラリアウト】デッキに対しても小型クリーチャーに
タップキルを行う事ができ、非常に抜けの無い1枚になっている事が伺えます。


■DNAスパークの今後

現環境では間違い無く強い《DNA・スパーク》。
今後のカード次第ではコントロールが復権する可能性もあり、
今ほど1ターンの重みが重要視されないかもしれません。

しかし、ビートダウンデッキや速攻デッキに対しては非常に強力な耐性があり
今後もそれが衰えることはないだろうと予測されます。

今より使われる機会が減るとは思いますが、防御用カードの選択肢として
常に頭に入れておく必要がありそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに、ビートダウン等のデッキにはかなり耐性があるし、スーパー・スパークとは違うねww

1チャン作って、状況によるけどそこからの逆転劇ていうのもできるからねww
だから、唱えさせないためにはギガボルb(
プロフィール

fmyoshi

Author:fmyoshi
宮崎出身のDMプレイヤー。
中途半端なデッキを好んでいて
ハンデスやランデス系の、相手が
嫌がるカードをよく入れる。
ムルムルは俺の嫁。

最新記事
カテゴリ
デッキ別リンク

「Kawaruyo!!MIRACLE」(転生超次元) HO!_GAN!_MANIAC(ローズホーガン) あなたをこえたくて(ジョバンニスコール) さよならはとつぜんに(ジョバンニソード) ヤンデレカウンター(白黒青レイソレイユ) ろりこん!(ロードリエスコントロール) そら豆ビート(神王ビート) セメタリーからこんにちは(青黒緑バルクライ) 八日目の蝉(神化編水単) くろたん(黒単色コントロール) イダ牙斧マルコ(牙マルコ) まぐまん5(5マナマグマムーン) マグマところてん(マグマソーサラー) ベターマッチェス(ベター型MCロマノフ) 

最新コメント
月別アーカイブ
ページ内検索
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。